Top / Blog / 2018-05-01

お抹茶同好会

お抹茶同好会

お抹茶同好会 お抹茶同好会 お抹茶同好会

お抹茶同好会 お抹茶同好会 お抹茶同好会

お抹茶同好会

この“お抹茶同好会”を楽しみにしておられる方がとても多いようです。
同好会と名を掲げているように、学校のクラブ活動のような感覚です。
お茶碗を運んだり、使い終わったお茶碗を洗ったり、腕が思うように動かせない方の代わりに茶筅をかきまぜたりするのは、職員がいたします。
その他、利用者様でお茶菓子を包装パッケージを取りのぞき銘々皿にお箸で分けられる係の方がおられます。お抹茶をお湯を入れて茶筅でかき混ぜた後でも溶けきれないお抹茶は小さい玉になり残ってしまいます。それを無くすためにこしきの網を使って滑らかにして準備されている利用者様もあります。
さて、今日の季節のお茶菓子は何だったのでしょうか?
金沢の有名なお茶菓子のメーカー㈱森八の“花菖蒲”(黒小倉餡)でした。
ちょうど今日のお茶碗の中で菖蒲の絵が描かれていた器があり、このお茶碗に当たられた方がとても喜んでおられたのが印象に残りました。



コメント