お茶会

お茶会

お茶会

中野先生がお煎茶でのお茶会を皆さんに提供しています。
お茶・お茶菓子・季節の花・短冊・お香・時にはBGMもありととあらゆるものを使いその時、その時の季節感を感じるようにプロデュースしてくれます。

今日のお煎茶は、福岡八女茶 ㈱安青霞園茶園のお茶で“千代結”
お茶菓子は静岡緑風堂の練り切り“栗拾い”名前の通り、イガイガの中に顔をだしているものです。

茶器は、外国製のマイセンのものでした。
そして、短冊には
「清秋最可人」(せいしゅうもっと)も人(ひと)に可(か)なり。
その意味は、澄める清き秋が何よりも一番人によろしい。だそうです。

日本独特の五感に訴えるこの感覚は独特の文化だと感じます。

コメント


認証コード3321

コメントは管理者の承認後に表示されます。