平田先生とナチュラルアート クリスマスリースを作りましょう!

クリスマスリース

クリスマスリース

クリスマスリース

クリスマスリース

クリスマスリース

クリスマスリース

来月のイベント“クリスマス”に因んだものを製作しました。
“クリスマスリース”です。
材料は、丸型のオアシス・ひむろ杉・飾り色々です。
ひむろ杉をU字型のピンで留めていきます。これがなかなか最初は上手くいかなっかったようです。このピンで留めるよりもひむろ杉の枝にボンドをつけて直接挿してしまおうという方が多々見受けられました。先生も説明をしているのですが、周知するまで大変だったようでした。

先生の説明の中で、“クリスマスカラーは何色でしょうか?”とありました。赤・緑・白とありますが、それぞれに色の意味がありますと説明をされました。
これを詳しく書いたサイトがありましたので抜粋させていただきます。
□赤

「キリストの血」

サンタ服にも使われ、クリスマスを象徴する色の代表である赤は「キリストの血」を表すキリスト教のシンボルカラーです。それだけ聞くとなんだか物騒な感じがしますが、ここでいうキリストの血とはキリストがすべての人の罪をかぶって流した血のこと。すなわち、赤色には神の「愛と寛大さ」という意味が込められているのです。
□緑

「力強さ」「永遠の命」

クリスマスのシンボル、クリスマスツリーにはモミの木などの常緑樹が使われるのが一般的。これは、冬の間も緑を保つ常緑樹が強い生命力の象徴と考えられているからです。転じて、緑色には「力強さ」「永遠の命」といった意味が込められるようになりました。

□白

「純潔」「潔白」

雪が降ったときのクリスマスは「ホワイトクリスマス」などと呼ばれ、ロマンチックなムードを高めてくれるシチュエーションとして好まれていますね。そんな雪のような白のもつ意味は、「純潔」「潔白」。身に付ければよりいっそう魅力的な女性になれるかも?


これらのカラーの他に
□ゴールド

「高貴」「希望」「大切さ」

ゴールドはクリスマスツリーの頂上に飾る「トップスター」の色。トップスターは、キリストが生まれたときに現れたとされる「ベツレヘムの星」を模したものだそうです。そのため、ゴールドにはキリスト誕生にちなんだ「高貴」「希望」「大切さ」という意味が込められています。

コメント


認証コード2282

コメントは管理者の承認後に表示されます。