お茶会 中野先生とお煎茶道を楽しむ

お茶会

お茶会

お茶会

今年は暖冬だそうですね。今年の桜はいつもよりは早めに咲くだろうと予想されているようです。ニュースでは河津桜が咲いていると放映されていたようです。
お茶会では季節の先駆けを感じさせるお茶菓子を頂きます。今日は“蕗の薹”を模した練り切りでした。これもいつも静岡の緑風堂のお茶菓子です。
お煎茶は、これも静岡の岡部地区で栽培されている朝比奈かぶせ茶でした。
袋には、
焼津市の北、朝比奈川上流の岡部町は、昔からコモ掛けによる緑茶「玉露」の生産が盛んです。京都の宇治、福岡の八女と並んで玉露の3大産地のひとつで、まろやかな甘みと爽やかな香りに定評があります。色鮮やかな緑の水色とまろやかな味わいが特徴です。玉露の旨みが苦手な方へもお勧めできるお茶です
と、ありました。
とてもおいしいお茶なのでしょうか、お茶のお替りを希望される方がいつもより気持ち多かったような気がしました。
皆さんとても満足気なお顔でした。

コメント


認証コード5266

コメントは管理者の承認後に表示されます。