Top / Blog / 2018-05

2018/5/31 (木)

グリーンコーラス

グリーンコーラス

今日のグリーンコーラスの座席の並びがいつもとは大きく異なりました。
いつもは洗い場を背にして縦長の椅子の並びですが、コーラス隊の人数が多くなり後ろの方に座っておられる方に先生の指示が伝わらないからの配慮だと思います。
それと、発表会との同じ並びを意識したものになったようです。
沢山の合唱隊員を束ねて指導される岡本先生も、これだけの大人数を指導するのですから身体全体を使っての体当たりの指導です。
間奏が響き渡り、次の歌いだしの頭の前に待ちきれずに歌い始める方もあります。
そのために手と腕を使いオーバー気味に指揮をとるボランティアの小原さんの苦労も見え隠れしていますし、イレギュラーな歌いだしに何事もなかったようにピアノ伴奏の職員喜多のすまし顔がとても受けます。



パーマリンク

2018/5/28 (月)

五・七・五ハイッ!グッド!俳句の会

今日の人気の句をご紹介します。
■義母植えし 白き紫陽花 梅雨近し(橋本)
季語が重なるので(紫陽花と梅雨)
■義母植えし 白き花々 梅雨近し 手直し

■窓際に 咲き揃いたる かきつばた(三井)

■五月晴れ 広場で子等は 草野球(細山)



パーマリンク

2018/5/24 (木)

グリーンコーラス

グリーンコーラス

グリーンコーラス グリーンコーラス グリーンコーラス

グリーンコーラス グリーンコーラス グリーンコーラス

グリーンコーラス グリーンコーラス グリーンコーラス

発表会で披露する曲とは別に、珍しい歌や季節を感じる歌などを歌いました。
“あざみの歌”“瀬戸の花嫁”“長崎の鐘”などやアニーローリーを久しぶりに練習しました。
アニーローリーは久しぶりに歌うので、岡本先生はすごく心配そうな顔をしていました。
しかし、そんな先生の心配を吹き飛ばして皆さんはとても上手に歌われましたので先生はびっくりしていました。お茶ブレイクでも水分補給の時なのにそこかしこから歌声が聞こえてきます。先生の嬉しい悲鳴が聞こえてきそうでした。



パーマリンク

2018/5/22 (火)

陶芸作品

先月作成しました“魚のお皿”が完成しましたのでご紹介します。
完成したご自分の作品に何を載せてみたいですか?と職員が尋ねましたら、ある利用様は“お刺身を載せて食べてみたいなぁ!”とこたえておられました。
さぞかし美味しいお刺身となるでしょう。

魚のお皿

魚のお皿 魚のお皿 魚のお皿

魚のお皿 魚のお皿 魚のお皿

魚のお皿 魚のお皿 魚のお皿



パーマリンク

2018/5/21 (月)

歌とピアノのリサイタル

歌とピアノのリサイタル

歌とピアノのリサイタル 歌とピアノのリサイタル 歌とピアノのリサイタル

歌とピアノのリサイタル 歌とピアノのリサイタル 歌とピアノのリサイタル

今回で2回目の訪問です。
現在玉川大学 芸術学部 芸術教育課在籍の学生さん大瀧さんと早乙女さんのお二人が素敵な歌声とピアノの伴奏で利用者様に素敵な時間をくださいました。
1曲目の“上を向いて歩こう”から16曲めの“涙そうそう”まで皆さんとても楽しんでくださいました。リサイタルを終えたお二人に感想をお聞きしました。
“皆さんとても温かく包むように聞いていただきかえって感動しています”の意でした。
又、来ていただきたいお二人です。



パーマリンク

2018/5/18 (金)

みんなでフラ

みんなでフラ

みんなでフラ みんなでフラ みんなでフラ

半年に1度の間隔で訪問してくださっている“ピリアロハフラサークル”の主催の方がフラの振り付けなどをわかりやすく解説したり、実際に踊りを披露して下さるコーナーです。
又、ハワイの楽器なども持参されて利用者様に実際に触っていただきました。
皆さん物珍しさもあって興味津々のご様子でした。
“明日があるさ”“なだそうそう”など、日本の曲でフラを披露してくださいました。
その踊りを見ていると、踊りを通して歌詞の内容の思いがひしひしと伝わって来るようでした。

陶芸

陶芸

陶芸 陶芸 陶芸

陶芸 陶芸 陶芸

今日の陶芸作品は、葉っぱを使ってお皿作りにチャレンジしました。
平らに伸ばした粘土の上にとれたての葉っぱを載せます。葉っぱの外周に沿って竹ひごで切り取るようにしていきます。葉っぱの形に切り取り、上から押さえていましたので葉脈つきのお皿になります。
別の粘土で棒状の飾りを作ってこのお皿に添えてくっつけます。
出来上がりは葉っぱそのものをお皿にした感じです。
自然の形状を上手くとらえた作品です。皆さん作り終えた後はとても満足な顔でおられたようです。



パーマリンク

2018/5/17 (木)

グリーンコーラス

グリーンコーラス

グリーンコーラス グリーンコーラス グリーンコーラス

グリーンコーラス グリーンコーラス グリーンコーラス

梅雨入り前の爽やかな季節です。名前の通りにグリーンコーラス爽やかな歌声が響き渡ります。“カントリーロード”“良い日旅立ち”などをメインに練習しました。
“カントリーロード”はジョン・デンバーやオリビア・ニュートンジョンの曲のイメージとは少しかけ離れています。日本語訳に合わせた編曲されたものです。
しかし、そんな事とはお構いなしに皆さんとても上手に歌われています。
岡本先生は、皆さんが指導通りに歌った時には“そう!”と掛け声を思わずかけています。
先生はとても嬉しそうな顔になります。そんな顔をずっと見ていたいような皆さんです。



パーマリンク

2018/5/14 (月)

フラダンス

フラダンス

フラダンス フラダンス フラダンス

このフラダンスの時間は担当職員が振り付けをしていますが、元々はフラダンスをしておられた利用者が指導されて始まったようです。
もちろん、立っての振りではなく椅子に腰かけてのものです。
この指導される利用者様が手の動かし方で興味深い話をされていました。それは、フラダンスの手の動きはくねくねと動かすのではなく単純に手を動かすそうです。
少しフラダンスのイメージが変わった思いです。



パーマリンク

2018/5/10 (木)

グリーンコーラス

グリーンコーラス

グリーンコーラス グリーンコーラス グリーンコーラス

グリーンコーラス グリーンコーラス グリーンコーラス

グリーンコーラス グリーンコーラス グリーンコーラス

久しぶりに数年前に歌った“オー・シャンゼリゼ”を歌ってみました。
すでに知って歌っていた方、初めて歌われた方様々でした。
最初の頃はやはりぎこちない歌い方でしたが、回を重ねて歌いこんでいくと練習されていた事を思い出されたようで、おしまい位には上手に歌っていたようです。
いつもは練習の途中でお茶休憩を取っているのですが、練習熱がこうじて休憩なしで突っ走ってしまったようです。お茶を準備していた職員が声をかけてやっとお茶休憩となりました。皆さん好きなことは、侵食忘れて夢中になれようです。本当に歌を歌うことが好きなんでしょうね。
今日は、テネシーワルツ オー・シャンゼリゼの動画をUPしてみました。



パーマリンク

2018/5/7 (月)

五・七・五ハイッ!グッド! 俳句の会

俳句の会

奄美大島は今日から入梅とのニュースが流れています。
こちらも夕方から雨模様との予報が入り、少し暗めの外の景色となりました。
しかし、室内では月2回開催される俳句の会が行われました。5月の季語を使っての俳句は、17の句が寄せられました。
人気の句は2句ありましたが、先生の手直し前と手直し後を2つ並べてみました。

■手直し前
五月晴れ 風にそよぐや 鯉のぼり(本阿)
季語が重なっているので
■手直し後
青い空 風におよぐや 鯉のぼり

■手直しは必要なしとのことで
雑草の 道のスキ間に たんぽぽか(細山)

ハンドトリートメント

ハンドトリートメント

ハンドトリートメント ハンドトリートメント ハンドトリートメント

毎月定期的では無いのですが、ハンドトリートメントのボランティアさんが来て手のマッサージやお顔のメイクをして下さいました。
いつも“ザ・ボディショップ町田東急ツインズ店”の方が主に来ていただいているのですが、今日は海老名店の方も応援にかけつけて来られたようです。
私はボディショップさんのボランティアのご活躍の様子をこのブログでUPしたり、デイサービスの月の通信でご紹介しています。今日来られた方が会社の広報でもこのボランティア活動を紹介され評価されたたとの事で、とても喜んでおられました。
利用者様も、素敵な香りのクリームで日常家庭では味わえないマッサージを受けてとても喜んでくださっています。



パーマリンク

2018/5/1 (火)

お抹茶同好会

お抹茶同好会

お抹茶同好会 お抹茶同好会 お抹茶同好会

お抹茶同好会 お抹茶同好会 お抹茶同好会

お抹茶同好会

この“お抹茶同好会”を楽しみにしておられる方がとても多いようです。
同好会と名を掲げているように、学校のクラブ活動のような感覚です。
お茶碗を運んだり、使い終わったお茶碗を洗ったり、腕が思うように動かせない方の代わりに茶筅をかきまぜたりするのは、職員がいたします。
その他、利用者様でお茶菓子を包装パッケージを取りのぞき銘々皿にお箸で分けられる係の方がおられます。お抹茶をお湯を入れて茶筅でかき混ぜた後でも溶けきれないお抹茶は小さい玉になり残ってしまいます。それを無くすためにこしきの網を使って滑らかにして準備されている利用者様もあります。
さて、今日の季節のお茶菓子は何だったのでしょうか?
金沢の有名なお茶菓子のメーカー㈱森八の“花菖蒲”(黒小倉餡)でした。
ちょうど今日のお茶碗の中で菖蒲の絵が描かれていた器があり、このお茶碗に当たられた方がとても喜んでおられたのが印象に残りました。



パーマリンク